介護ロボット相談窓口

横浜市総合リハビリテーションセンターでは、厚生労働省から委託を受け、介護ロボット相談窓口を開設・運用しています。
相談窓口では、介護ロボットを活用した介護現場の業務改善方法の紹介や、介護ロボットの製品情報、補助金の紹介などを行っています。動画では、4つの介護ロボットを紹介します。


介護ロボットの相談・体験・予約は
横浜市総合リハビリテーションセンター 介護ロボット相談窓口
専用ホームページhttps://www.yrc-pf.com)で受け付けています。

 

思いを伝えるコミュニケーションツール

コミュニケーション(意思の伝達)は、伝える側と受け取る側で成り立っています。お互いの伝えやすさ・受け取りやすさを支援するツールはさまざま。この動画では、
●総論編
●文字盤編
●スマホ・タブレット編
●重度障害者意思伝達装置編
の4編にわたって紹介していきます。

 

クッションのあて方レクチャー

同じ姿勢で長い時間寝ていると、体にさまざまな影響を及ぼします。体がこわばり、マットレスへの接触面積が小さくなっている場合、クッションを使うことで体圧を分散させることができます。仰臥位(あおむけ)と30度側臥位(横向き寝)でのクッションのあて方を実演します。

協力:株式会社タイカ